10月18日活動レポート☆@松戸駅東口





今日の活動も無事終わりました!
みなさん、たくさんのご協力をありがとうございました💕

今日はさわやかメンズの塚ちゃんが
急遽参加してくれました🌟

子供が成人になって家を出たし、
これからは地域猫活動をやっていきたいと思うと話してくださったかた☆

すでに保護犬、猫を飼っているからこれ以上は飼えないけど大切な家族のために、
頑張って仕事をして最後まで大切にすると話してくださった☆

犬猫は癒しをくれるから、
仕事もがんばれる。
これから犬や猫を飼いたいひとがいたら、ちらしを渡しますと言ってくださったかた☆

涙を流して募金をしてくださったお子さん連れのお母様。

今日もたくさんの優しい心に出逢えて胸があたたかくなりました。.:*:・'°☆

そして、
今日初めて活動に参加してくれた塚ちゃんから活動してみての感想をいただきました(^_^)

 

 

 

 

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

初めてこの啓発活動に参加し、まず思ったのがいぬねこハッピー千葉の活動内容が想像を遥かに超えた本格的な活動をしていると言う事で、最近では弁護士とも動物の事に対する法の件で色々掛け合っているとの事。

配布するチラシ一つとっても様々な内容が記載されていて、しかも子供でも分かる様に平仮名を多用する配慮もありました。

元々自分は物心付いた時から猫達との生活があった為、動物=家族と言う図式がありました。
そう思うとより幼少の頃から動物に対する価値観を大切な要素であるとも改めて思い返す事が出来ました。

チラシを受け取る人がそう多い訳では無いが、それでも受け取る人は受け取り目を通してくれました。
掲示板も通りすがりにチラッと見て『かわいそう…』と言う方々もいました。
掲示板をじっと読んでいる方に話掛けると、
『うちでも○○(イヌやネコ)を飼っているんです。だから、動物を捨てたり殺処分っておかしくてしょうがない。』と言う方々もいました。

自分が住む千葉は47都道府県において恥ずかしい事にワースト1位。
しかし、上記の様な動物に対して家族と思い接している人達もいます。
いぬねこハッピー千葉やその他の動物敬愛活動団体などを通し少しずつでも動物を敬愛する人達の友人・知人に広まり、いずれは日本全国で殺処分の無い、動物を家族と思い敬愛する、そんな日本社会が出来る事を願います。

 

 

 

 

 

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

次回は  11月2日 (日) 10時~15時

成田市 宗吾霊堂で開催される
『虹の市』に参加します☆
みんなで、あらゆる『いのち』に思いを馳せる素敵な市です☆
ぜひ、みなさんで遊びにきてください(^-^)/
お待ちしいます🎶😝

 


 

長文お読みいただき ありがとうございました。